kyodoai.exblog.jp

死ぬ前に美味しいものいっぱい食べておこう!
カテゴリ
全体
友達・家族
本・映画・歌
宮崎
メモ
名言
カラテ

FUGA
未分類
その他リンク
フォロー中のブログ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ダンケシェーン
宮崎市が太陽銀行跡地に文化施設を建てる. どんな施設を造るつもりだろう. 気になる.

さて本題 講演会を聞いてきた.
-----
演題:「日本新発見-ドイツ人から見た宮崎-」
日時:06.01.16 18:30-20:30
会場:宮崎市教育情報研修センター
主催:宮崎市・宮崎市国際交流協会
講師:ウルズラ・リヒター(社会学者/心理学者)
概要:テーマはドイツ人から見た宮崎だが主にドイツ人として社会学者として個人として
    彼女から見た日本に対する印象や意見
満足度:★☆☆
-----

-----
気になった話題
・自己責任
日本:・温泉・サウナに行くと常にTV放映 ・神社に自販機 ・常に「~してはダメ」「~してください」のアナウンス
↑確かに生活には楽だけどこれでは自立が出来ないのではないか?
ココ(日本・宮崎)では自己責任が推進されていない
ヨーロッパ:・柵などなく 崖の端までいける ・電車が時間通りではない

・ニート
日本:選択肢が乏しいのではないか? 道が1本しかないような錯覚がある
ドイツ:間違えたと思ったら他の道がいっぱいある

・教育(小学校)
日本:厳しすぎるように思う.小さい子供がじっとしていられないのは当たり前.
それに対して秩序を押し付けすぎているように思う.
ドイツ:1時で学校が終わる.遊ぶ時間たっぷり.
-----

-----
感想
外国を旅して自己責任に対しては私も↑のような感想を持った.
日本はへんなとこで過保護だな と.確かに住んでて楽だけど 馬鹿とブスがますます住みにくい世の中だ.
踊らされるがままに慣れてしまうとそこから抜け出すのもめんどくさくなるという悪循環.

民族性が全然違うので外国のことは参考までに置いといて
まず日本(宮崎)人が日本(宮崎)のことをよく知ること. 一人ひとりが愛をもって考えよう!
人を責めすぎないこと.
-----
[PR]
by maskmeron521 | 2006-01-16 21:48 | 宮崎